遺伝性乳がん・卵巣がん情報サイト

厚生労働省科学研究費補助金(がん対策推進総合研究事業)「ゲノム情報を活用した遺伝性乳癌卵巣癌診療の標準化と先制医療実装にむけたエビデンス構築に関する研究」班

遺伝性乳がん卵巣がん情報サイトにお越しいただきありがとうございます。
このサイトは多くの方に「遺伝性乳がん卵巣がん」という病気を知っていただくことを目的として、厚生労働科学研究費補助金がん対策推進総合研究事業「ゲノム情報を活用した遺伝性乳癌卵巣癌診療の標準化と先制医療実装にむけたエビデンス構築に関する研究」班によって運営されています。

研究班からのお知らせ

関連団体サイト

日本HBOC コンソーシアム

日本HBOC コンソーシアム

HBOCに関わる医療関係者の研究団体として、2012年に発足したNPO法人です。本コンソーシアムは、世界で繰り広げられている様々な対策や研究の情報及び、日本で行われている個々の診療や研究を集約し、各専門の学会や関連団体と連携を取りながら、HBOCの新たな医療システムの構築、提案を行ない、普及させることを目的としています。

一般社団法人 日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構

一般社団法人
日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構

日本人類遺伝学会、日本乳癌学会、日本産科婦人科学会の協力のもと、遺伝性乳癌卵巣癌及びその疑いのある患者や家族に対する診療体制の整備と拡充を図り、国民の医療乃至予防医学の向上に寄与することを目的として、2016年に設立されました。主たる事業として、遺伝性乳癌卵巣癌診療施設の認定、遺伝性乳癌卵巣癌に関する教育研修、遺伝性乳癌卵巣癌の患者等の登録、遺伝性乳癌卵巣癌に関する調査研究を行います。

クラヴィスアルクス

クラヴィスアルクス

HBOCの当事者団体として全国的にネットワークを広げ活動しています。ピアサポート、遺伝性がん特有の相談は随時受付けています。「正しく伝える、解りやすく伝える、家族と共に学ぶ」をテーマにし、年齢に関係なく参加出来る勉強会「家族で学ぶ遺伝セミナー」、当事者会「Clavis」(クラヴィス)を全国各地で開催しています。
お問合せは上記サイトまたはメールinfo@hboc.tokyo(東京事務局)まで。

ページ先頭へ戻る